WordPressテーマSWELLの感想レビュー【導入方法も紹介】

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

・WordPressテーマ『SWELL』を導入しようか迷っているのですが実際どうなの?

・『SWELL』のメリットやデメリットを知りたい。

こんな悩みを解決します。

この記事を書いた僕は

無料のテーマから有料のテーマまでいくつものテーマを使った経験があります。

その経験をもとに、ほかの有名テーマと比べてもSWELLがいいと感じた点などを話していきます。

実際に『SWELL』を使用したリアルな感想です。

最短で収益化を目指すなら、テーマ選びは非常に重要です。

なぜならテーマを変えると全体のデザインや、記事の書きやすさ、SEOの内部対策などが変わるからです。

そこで今回は『SWELL』の紹介をしていきます。

SWELLを購入しようか迷っている人は、どうぞ参考にしてください。

『SWELL』を購入しようか迷っているなら、購入して後悔しないはずですよ。

>>『SWELL』公式サイトはこちら

私が『SWELL』を激推しする理由を、解説しますので最後までご覧ください。

本記事の内容
  • WordPressテーマ『SWELL』ガチレビュー
  • WordPressテーマ『SWELL』のメリットとデメリット
  • WordPressテーマ『SWELL』の導入手順
おぴおのアイコン画像おぴお

この記事を読めば、実際に『SWELL』をつかった感想が分かるので、今日から使いたくなりますよ。

目次

WordPressテーマSWELLのレビュー

結論、『SWELL』を導入して大満足しています。

僕が満足した理由は大きく分けて3つです。

満足した理由3つ
  1. デザインがシンプルで洗練されている
  2. カスタマイズ性が高く分りやすい
  3. Gutenberg(ブロックエディター)の使い心地が圧倒的に良い

これまで無料のテーマから有料のテーマまで、WordPressテーマを使用した経験があります。

どれも素晴らしいテーマでしたが、納得のいくトップページやデザインにできず、苦労しました。

その結果

  • CSSを調べるのに時間を取られて記事が書けない。
  • ある程度思い通りのデザインになったものの、追加CSSが多くてサイト表示スピードが遅くなる。

という事態に。

しかし『SWELL』を導入した結果、これらの問題は一度に解決されました。

SWELLのカスタマイズ機能だけで満足のいくデザインになり、CSSを書かなくてもよくなったのです。

WordPress初心者でプログラミングや専門の知識がない人は、『SWELL』の導入を検討してみてはいかがでしょう。

ちなみに当ブログのトップページはほぼCSSなしでデザインしていますので、簡単にマネできますよ。

おぴおのアイコン画像おぴお

次に満足した理由3つを詳しく見ていきましょう。

SWELLのシンプルなデザイン性能

記事を書くときによく使う装飾と言えばボックスですよね。

重要なポイントも

用語説明も

主張したいときに

SWELL
  • ラインマーカー
  • ラインマーカー
  • ラインマーカー
  • ラインマーカー
STEP
ステップ1

こんなステップも

STEP
ステップ2

簡単に

STEP
ステップ3

つくれます

おぴおのアイコン画像おぴお

もちろん吹き出しも用意されています。

これらのボックスを使って見やすい記事を簡単につくれます。

他にも

表や評価スターも
かんたんにつくれます

デザインがシンプルで、使いやすい装飾ばかりです。

デザインは記事の読みやすさに関わってくるので、非常に重要です。なぜならシンプルなデザインにすることで見やすい記事をつくれ、読者に最後までストレスを与えることなく読んでもらえます。

他にもブログやアフィリエイトで使える装飾が用意されているので、デザイン性は文句なしです。

おぴおのアイコン画像おぴお

このシンプルで洗練されたデザインに一目惚れして、テーマを変更する方が非常に多いみたいですよ。

SWELLのカスタマイズ性の高さ

WordPressでブログを始めてテーマを導入したら、まずカスタマイズをする方が多いのではないでしょうか。

  • トップページのデザインを変えてみたり
  • 記事の見出しを変えてみたり
  • メインカラーを変えたりと

しかしこのカスタマイズをするのに、わかりにくい有料テーマも存在します。

例えばAFFINGER5(アフィンガー)や、THE THOR(ザ・トール)などはカスタマイズ画面であらゆる変更が可能です。その反面、どこにどの項目があるか分かりにくいです。メリットのはずのカスタマイズ性能の高さが、デメリットにもなり得えます。

一方でSWELLのカスタマイズ画面(カスタマイザー)は分かりやすく、困ることも少ないでしょう。

記事スライドショー
切り替えのできるカテゴリータブ

上の「記事のスライドショー」や「切り替えのできるカテゴリータブ」を使ったトップページも、SWELLに標準で搭載されている機能です。

スライドのスピードだったり、記事と記事の余白の広さだったり、細かい設定も用意されています。

シンプルでスタイリッシュなデザインなので、オシャレなトップページになります。なおかつサイトの回遊性もUPするので読者に長く滞在してもらえるでしょう。

おぴおのアイコン画像おぴお

自分だけのオシャレなトップページをつくれますよ。

Gutenbergの使い心地が神レベル!

まずは公式サイトのトップページに、実際に使用している動画があるので見てもらうと分かりやすいです。

>>『SWELL』公式サイトのトップページはこちら

SWELLの最大の特徴はGutenbergの使い心地にあります。

文字を打ち込んで、直感的にデザインを選べるこの使い心地はやばいです。

Gutenberg(グーテンベルク)とはWordPressの最新のエディターのことで、「ブロックエディター」とも呼ばれています。

ほとんどの有名テーマはブロックエディターに完全対応しておらず、プラグインで『Classic Editor』をインストールして、記事を作成する仕様です。

『Classic Editor』は2022年にサポート終了予定とされています。

使いにくいと避けてきたGutenberg「ブロックエディタ」を、みんなが使う時代がくるのです。

そしてSWELLのGutenbergの使いやすさは神レベルなので、逆に『Classic Editor』には戻れません。

おぴおのアイコン画像おぴお

今からブロックエディタに慣れておきたいなら、「SWELL」一択と言っていいほどです。

SWELLの良い口コミ

続いてSWELLを利用した人の『良い評判』を紹介していきます。

https://twitter.com/kentaross3/status/1309986110026608640

SWELLの評判で多かったのは『使いやすさ』と『カスタマイズ性の高さ』でした。

『圧倒的な使いやすさ』こそSWELL最大の魅了ですね。

ちなみに、ひととおり探しましたが悪い口コミは見当たらなかったです。

WordPressテーマ『SWELL』のメリットとデメリット

ここまではSWELLの使用感を紹介しました。

次に、『SWELL』のメリットとデメリットをまとめたので見ていきましょう。

おぴおのアイコン画像おぴお

実際に『SWELL』を使用した、リアルな情報を紹介していきますね。

『SWELL』のデメリット

SWELLのデメリット
  1. 価格が他の有名テーマよりも高い
  2. まだ使っている人が少ないので情報が少ない

デメリットその1
価格が高い

SWELLは他の有名テーマよりも値段が少し高めです。

テーマ名値段(税込)
SWELL17,600円
AFFINGER514,800円
THE THOR14,800円
JIN14,800円
SANGO11,000円
STORK1911,000円
DIVER17,980円
有名テーマの値段

導入してからの作業効率が上がるので、決して高い買い物ではないと思います。

『SWELL』を導入してから記事を書くスピードが上がった!

と評価されている記事をたくさん見かけますし、私も実際に記事を書くスピードが上がりました

おぴおのアイコン画像おぴお

値段ではなく機能性やデザイン性を見て、判断しましょう。

デメリットその2
情報が少ない

『SWELL』は2019年3月に販売開始されたテーマです。

月日がそれほど経ってないので、ネット上でも情報が多いとは言えません。

実際にカスタマイズで困った時に調べても、なかなか見つからないこともありました。

しかし『SWELL』には、購入者限定のフォーラムがホームページにあります。

なにか問題があったときにはすぐに購入者限定フォーラムで質問できます。

過去の質問で同じ質問をしている人もいるので、まずは探してみるといいでしょう。

開発者の了さんが直接サポートして下さったり、SWELL愛用者の方々が真摯に答えてくださるので安心して質問してください。

『SWELL』のメリット

SWELLのメリット
  1. WordPressの新エディター『Gutenberg』に、いち早く対応できる
  2. 記事を書く時間が早くなる
  3. テーマ移行が簡単
  4. サイト表示スピードが速い
  5. 使っていて楽しい

メリットは上のレビューで、紹介しきれてない項目のみ、深掘りして話していきます。

メリットその1
テーマ移行が簡単

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

テーマを変更したいけど、装飾がくずれて記事を全部リライトしないといけないから、変更できない。。。

おぴおのアイコン画像おぴお

SWELLなら大丈夫!

テーマ変更したいけど、記事装飾の崩れをなおすのがめんどくさくて結局そのまま使っている人をたくさん見かけます。

100記事以上ある人とかほんと大変ですよね。

しかし『SWELL』には、乗り換えサポート用プラグインが用意されていて、以下のテーマからの乗り換えであれば、記事デザインの崩れなどを防げます。

乗り換えサポートがあるテーマ
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Coccon
  • THE THOR

上のテーマから『SWELL』に移行する場合は、記事数が多くても簡単に移行できます。

メリットその2
サイト表示スピードが速い

『SWELL』に変えて、サイト表示スピードが上がったという口コミをよく見かけます。

私もサイト表示スピードが速いと評判の『THE THOR』から乗り換えたのですが、『SWELL』の方が良いスコアを叩き出しました。

参考までに、当サイトのスピードです。

『SWELL』のサイトスピード

ページ表示速度の高速化は、SEOによる集客面で非常に重要なポイントになります。

メリットその3
使っていて楽しい

個人的な感想になりますが、記事書くのが楽しくなりました。

実際に使ってみると、記事の装飾デザインを直感的に選べるのは思ってるより良いですよ。

作業がはかどること、間違いなしです。

なんども言いますが『SWELL』の一番の魅力は、圧倒的な使いやすさです。

とはいっても、使用感は人それぞれ違いますよね。

『SWELL』では無料お試し版も用意されているので、まずはそちらで体験してみてください。
>>『SWELL』の無料お試し版はこちら

テーマの移行は、ほんとうに面倒なので慎重に選びましょう。

SWELLの導入手順

最後に、『SWELL』の導入手順を紹介します。

簡単になので、サクッと説明していきます。

SWELLの導入手順

  1. 公式サイトからSWELLを購入
  2. SWELLをダウンロード
  3. WordPressにインストール

ステップ 1
公式サイトからSWELLを購入

まずは『SWELL公式サイト』へ、アクセスします。

>>『SWELL公式サイト』にアクセス

「DOWNROAD」をクリック

次に画像の真ん中にあるDOWNLOADを、クリックしてください。

下にスクロールすると以下のような画面になるので、「利用規約に同意」して「SWELLを購入する」をクリックしてください。

クリックすると以下のような画面になるので、「メールアドレス」「クレジットカード情報」を入力して、「¥17,600 支払う」をクリックすれば購入完了になります。

メールアドレスとクレジットカード情報を入力

購入が完了すると、上で入力したメールアドレスにメールが来るので確認してください。

メール内容
  • SWELLダウンロードリンク
  • 購入者限定パスワード
  • SWELLコミュニティのSlackチャンネル

大切に保管しておいてください。

おぴおのアイコン画像おぴお

次に『SWELL』をダウンロードしていきます。

ステップ2
公式サイトからSWELLをダウンロード

先ほどの購入が完了すると、購入完了画面に「SWELLをダウンロードする」ボタンがあるので、クリックしてダウンロードしてください。

ダウンロードページを下にスクロールすると、「子テーマのダウンロード」ボタンもあるので、子テーマも同様にダウンロードしてください。

「SWELL」と「SWELL子テーマ」をダウンロードできたら完了です。

おぴおのアイコン画像おぴお

次に、WordPressにインストールしていきます。

ステップ3
WordPressに『SWELL』をインストール

WordPressに移動して「外観」→「テーマ」をクリックしてください。

以下の画面になるので、「新規追加」をクリックしてください。

次に「テーマのアップロード」を、クリックしてください。

次に「ファイルを選択」して「インストール」してください。

この時、必ず「親テーマ」→「子テーマ」の順番でアップロードしてください。

最後に「子テーマ」を有効化して完了です。

おぴおのアイコン画像おぴお

これで完了です。お疲れさまでした。

テーマには「親テーマ」と「子テーマ」があります。テーマのアップデート時に、親テーマの方は上書き修正されるので自分のカスタマイズした内容まですべて消えてしまいます。「子テーマ」を有効化してカスタマイズしていれば、テーマが更新されたときにもカスタマイズ内容が残ります。

まとめ:SWELLを使って記事を量産しよう!

今回は、WordPressテーマ『SWELL』のレビュー、導入するメリットとデメリットについて紹介しました。

SWELLのデメリット

  1. 価格が他の有名テーマよりも高い
  2. まだ使っている人が少ないので情報が少ない

SWELLのメリット

  1. WordPressの新エディター『Gutenberg』に、いち早く対応できる
  2. 記事を書く時間が早くなる
  3. テーマ移行が簡単
  4. サイト表示スピードが速い
  5. 使っていて楽しい

この記事で『SWELL』を導入しようか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

なおSWELLについて知りたいことがあれば、『コメント』や『お問い合わせ』からご気軽にご連絡ください。

おぴおのアイコン画像おぴお

他のテーマと迷ってSWELLにしたのですが、SWELLを選んでほんとうに良かったです。

今回は以上です。ありがとうございました。

当サイトで使用しているWordPressテーマ『SWELL』

ブロックエディター完全対応のWordPressテーマ『SWELL』

プログラミングの知識がないブログ初心者でも簡単にオシャレなサイトが作れます。

圧倒的な使い心地を体感してみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【家庭持ち、副業パパブロガー】

●ブログでの収益化へ!最短で収益をあげるポイントを徹底解説

仕事や子育てで時間がない!そんなあなたに収益をあげるポイントや、入れないと損するツールなどガチ紹介しています

コメント

コメントする

目次
閉じる