サイトマップの作り方から設定まで徹底解説【WordPress】

・サイトマップってなに?

・サイトマップは必要なの?

・WordPressでのサイトマップの作り方が知りたい!

こんな悩みを解決します。

サイトマップは必ずつくろう!
本記事の内容
  • サイトマップとは?
  • WordPressでサイトマップを簡単に作成するツール紹介
  • WordPressでのサイトマップの作り方

サイトマップとは、そのサイトのページが一覧にまとめられたものです。

サイトマップを作ると、ユーザーの利便性が増しSEOにも効果的なので、WordPressを始めたらなるべく早い段階で作成しましょう。

本記事を読むと、誰でも簡単にサイトマップを作成できるので、ブログの環境が整いますよ。

それでは、解説していきます。

目次

WordPressでのサイトマップとは?

サイトマップとは、そのサイトに存在するページを一覧で表示してくれるページのことです。

まさしく、「サイトの地図」のような役割のページになります。

WordPressで使われるサイトマップには2種類あり、下記の通り。

  1. HTMLサイトマップ:ユーザー向け
  2. XMLサイトマップ:検索エンジン向け

同じサイトマップでも役割が異なるので、少し深掘りして説明します。

HTMLサイトマップ(ユーザー向け)

HTMLサイトマップとは、読者向けのサイトマップ。

実際に読者が目で確認できるサイトマップで、全ページへのリンクが一覧でまとめられています。

HTMLサイトマップを作成するメリットは、読者のユーザビリティや利便性が向上することです。

実際のサイトマップ
実際のサイトマップ

このように、サイト内のコンテンツをまとめたページです。

XMLサイトマップ(検索エンジン向け)

XMLサイトマップとは、検索エンジン向けのサイトマップです。

役割として、サイトのどこにどんな記事があるのかを検索エンジンに知らせることができます。

そうすることで、クローラーも巡回しやすくなり記事の見落としを防げるので、SEO的にも効果ありといった感じです。

なのでWordPressを使用するのであれば、XMLサイトマップは必ず設置しましょう。

サイトマップを簡単に作製するおすすめプラグイン

WordPressでは「プラグイン」を使って、簡単にサイトマップを作成できます。

サイトマップを作成できるプラグインは下記の通り。

  1. Google XML Sitemap
    ⇒ (XMLサイトマップ作成用)
  2. PS Auto Sitemap
    ⇒(HTMLサイトマップ作成用)

他にも作成できるプラグインがありますが、上記の2つはシンプルで便利なのでおススメです。

それぞれ紹介していきます。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps ホーム画面
Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、XMLサイトマップを作成するプラグインです。

使用者も多く、便利な機能が備わっています。

Google XML Sitemaps便利機能2つ

  1. 記事作成時に、自動でサイトマップを更新してくれる。
  2. 更新されたサイトマップを、検索エンジンに自動で通知してくれる。

つまり設定さえしてしまえば、後はほったらかしでOKになります。

おぴお

使い方は、後ほどご紹介します。

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemap ホーム画面
PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemapは、HTMLサイトマップを作成するプラグインです。

一度導入してしまえば、記事公開時に自動でHTMLサイトマップも作成してくれるので便利ですよ。

今回ご紹介した2つのプラグインを使用すれば、自動でサイトマップを生成してくれるので、サイトマップについて一切気にしなくてもよくなります。

おぴお

それではサイトマップの作り方を、ご説明していきます。

WordPressでのサイトマップの作り方

XMLサイトマップHTMLサイトマップ、それぞれの作り方を説明していきます。

上記で紹介したプラグイン2つを使えば簡単に作成にできるので、さっそく作っていきましょう。

おぴお

どちらも10分かからずに完了できます。

その①
XMLサイトマップの作り方

まずは、XMLサイトマップから作っていきましょう。

STEP
プラグインを導入
Google XML Sitemaps 有効化
プラグインを「有効化」する

まずは、プラグインをインストールしましょう。

インストール手順

管理画面⇒「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「Google XML Sitemaps」で検索⇒「インストール」⇒「有効化」

STEP
Google XML Sitemapsの設定画面を開く
WordPress管理画面 「設定」→「XML Sitemap」
WordPress管理画面

WordPress管理画面から「設定」⇒「XML -Sitemap」をクリックし、Google XML Sitemapsの設定画面を開いてください。

STEP
「基本的な設定」を設定する
Google XML Sitemaps 基本的な設定

まずは「基本的な設定」から。

上記の画像のように、チェックが入っているか確認してください。

初期設定では、「HTML形式でのサイトマップを含める」の箇所にチェックが入っていますが、後の手順で不具合を起こすのでチェックを外します。

各項目の説明は下記の通り。

チェック項目の説明
  • Notify Google about…
    ⇒サイト更新時にGoogleに通知する
  • Notify Bing (formerly…
    ⇒サイト更新時にBingに通知する
  • サイトマップのURLを仮想…
    ⇒サイトマップの場所を正しく伝えるのに役立つ
  • Try to automatically…
    ⇒サイトマップを圧縮する
  • HTML形式でのサイトマップ…
    ⇒XML形式で送信するので、HTML形式は不要です。
STEP
「投稿の優先順位」を設定する
Google XML Sitemaps 投稿の優先順位

投稿の優先順位」では、ページの優先順位を設定できます。

後ほど、優先度を細かく設定する箇所があるので、ここでは「優先順位を自動的に計算しない」に、チェックを入れて下さい。

STEP
「Sitemapコンテンツ」を設定する
Google XML Sitemaps Sitemapコンテンツ

Sitemap コンテンツ」では、サイトマップにどのコンテンツを含めるかを設定できます。

検索エンジンにインデックスしてほしいページなので、「重要なページ」のみ選ぶようにしましょう。

デフォルトでは、「カテゴリーページを含める」のチェックが外されていますが、チェックを入れることを推奨します。

なぜならカテゴリーページは、「読者の利便性」「SEO対策」どちらに対しても重要なページだと考えているからです。

逆に
アーカイブページ
投稿者ページ
タグページ
は、それほど重要ではないのでチェックを外しておいて構いません。

STEP
「Excluded Items」を設定する
Google XML Sitemaps Excluded Items

Excluded Items」では、サイトマップに含めたくない記事や、カテゴリーの設定ができます。

特に理由がない限り、チェックを入れる必要はありません。

STEP
「Change Frequencies」を設定する
Google XML Sitemaps Change Frequencies

Change Frequencies」では、検索エンジンにクロールしてほしい頻度を設定できます。

上記の画像を参考に設定してもらえば大丈夫です。

「メモ:」にも記載されていますが、必ずしも設定通りにクロールするわけではなく、設定を考慮してクロールが行われます。

STEP
「優先順位の設定」をする
Google XML Sitemaps 優先順位の設定

優先順位の設定」では、サイト内のページの優先順位を0.0~1.0で設定できます。

ここでの優先順位とは、検索エンジンがクロールするときに、どのページを優先してクロールするかということです。

上記の画像を目安に設定して頂ければ、問題ありません。

SEOで重要となってくるページの優先度を上げる設定となっています。

おぴお

ここまで設定したら「設定を更新」をクリックして完了です。

その②
HTMLサイトマップの作り方

続いて、「HTMLサイトマップ」を作っていきます。

STEP
プラグインを導入

XMLサイトマップと同様にプラグインの導入から。

PS Auto Sitemap プラグイン
プラグインを「有効化」する

プラグインをインストールします。

インストール手順

管理画面⇒「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「PS Auto Sitemap」で検索⇒「インストール」⇒「有効化」

STEP
固定ページで「サイトマップ用のページ」を新規作成する
WordPress編集画面 サイトマップ

固定ページで、サイトマップ用のページを新規作成します。

ページのタイトルは分りやすいように、「サイトマップ」とするのがいいでしょう。

そうしたら、下記コードを貼り付けます。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

※ブロックエディターの場合は、「ショートコード」というブロックを追加して、上記のコードを貼り付け。

※クラシックエディターの場合は、HTMLモードにして貼り付け。

STEP
固定ページの「ページID」をメモする
WordPress編集画面 URL

編集画面で、先ほど新規作成した固定ページの「ページID」をメモします。

「post=」に続く、数字の部分が「ページID」です。

STEP
「PS Auto Sitemap」の設定をする
PS Auto Sitemap 設定画面
PS Auto Sitemap設定画面

WordPress管理画面から「設定」⇒「PS Auto Sitemap」をクリックし、PS Auto Sitemapの設定画面を開いてください。

上記画面のように、「ページID」を記入し「固定ページ」を選択したら、「変更を保存」をクリックで完了です。

STEP
ご自身のサイトで「サイトマップ」を確認する
実際のサイトマップ

最後に、ご自身のサイトでサイトマップの確認をしましょう。

上の画面のように表示されていればOKです。

ちなみに、設定画面の「スタイルの変更」からサイトマップのデザインも変更できるので、好みのデザインにしてみてください。

おぴお

サイトマップの作成はこれで完了です。
お疲れ様でした。

Googleサーチコンソールにサイトマップを登録

サイトマップの作成が完了したら「Googleサーチコンソール」を利用して、検索エンジンに知らせます。

サーチコンソールに登録して初めて検索エンジンに伝わるので、必ず行いましょう。

登録するのは、「XMLサイトマップ」のみです。

Googleサーチコンソールの設定がまだの方は『【ブログ初心者】Googleサーチコンソールの設定方法3ステップ』を参考にして、設定を済ませてください。

それでは、Googleサーチコンソールにサイトマップを登録していきましょう。

>>Googleサーチコンソールにアクセス

Googleサーチコンソール

メニューから「サイトマップ」を選択し、「新しいサイトマップの追加」というところに、サイトマップのURLを入力して「送信」をクリックします。

多くの場合が、「sitemap.xml」と入力。

上の画像のようにステータスが「成功しました」となっていればOKです。

ご自身のサイトマップURLは、WordPress管理画面の「設定」「XML-Sitemap」から確認できます。

WordPress管理画面 Google XML Sitemaps 設定画面
「設定」→「XML-Sitemap」からURLを確認
おぴお

サイトマップの登録はこれで完了です。

まとめ:WordPressでブログを始めたらサイトマップを作成しよう

今回は、サイトマップの作り方から設定までを解説しました。

  1. サイトマップとは、サイト内に存在するページを一覧で表示したもの
  2. ユーザー向け、検索エンジン向けの2種類がある
  3. WordPressでは、プラグインを使って簡単に作成できる
  4. プラグインを使った作成手順を解説
  5. サーチコンソールにサイトマップを登録

サイトマップを作成するメリットは下記の通り。

  1. 読者のユーザビリティ向上
  2. SEO対策に効果あり

WordPressでブログを始めたら、なるべく早めにサイトマップを設置してください。

最初は覚えることも多く大変だと思いますが、1つずつブログ環境を整備していきましょう。

今回は以上です。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

質問はこちらへお願いします

コメントする

目次
閉じる