【SEO必須ツール】RankTrackerの料金プラン・導入手順を徹底解説

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

・SEOには検索順位が知れるツール「Rank Tracker」の導入が必須って聞いたけどほんとう?

・Rank Trackerの料金や導入方法も知りたい

こんな悩みを解決します。

Rank Trackerは神ツール!
本記事の内容
  • Rank Trackerの詳細情報と導入するべき理由
  • Rank Trackerの料金プラン
  • Rank Trackerのダウンロード方法
  • Rank Trackerの初期設定

この記事を書いた僕は

ブログを始めて右も左も分からない人が「ブログで収益をあげる!」
をコンセプトに、ブロガー1年生という同じ目線で情報を発信しています。

ブログ運営で、自分の書いた記事の検索順位を把握することはとても大切です

検索順位が分からないと、自分の書いた記事がよかったのか悪かったのか、記事の答え合わせができません。

検索順位はGoogleの検索窓から、狙ったキーワードを自分で検索すれば確認できますが、記事が増えてくるとそれだけで1日が終わってしまいます。

そこで登場するのが「Rank Tracker」です

おぴおのアイコン画像おぴお

「Rank Tracker」は時間のない副業パパママブロガーの、強い味方になってくれますよ。

この記事では、「Rank Tracker」の詳細情報と導入方法を解説していきます。

この記事を読めば、Rank Trackerの詳細な情報とダウンロード方法が分かり、ブログでの収益化を加速できますよ

それでは本題へ入りましょう。

すぐに『Rank Trackerの導入方法を知りたい!』という方は、こちら から該当箇所にスキップできます。

目次

Rank Trackerとは?

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

Rank Trackerについて、もう少し詳しく教えて!

Rank TrackerとはSEOキーワードの検索順位を、自動でチェックしてくれるSEOツールです。

検索順位のチェックを毎日自動で行ってくれて、順位の推移をグラフ表示してくれるので、非常に便利でありがたいツールです。

特に副業ブロガーさん等の時間がない人には必須級で、効率よく収益化までたどりつけるでしょう

他に主な機能として、以下のことが調べられます。

  • キーワードの検索数
  • 競合サイトのSEOキーワード検索順位

キーワードの検索数を調べるのにGoogleのキーワードプランナーが有名ですが、課金をしないとあいまいな検索数しか出てこないうえに、初期の設定もわかりにくいです。

おぴおのアイコン画像おぴお

僕も最初はキーワードプランナーを使おうとしましたが、導入するのにいくつかサイトを調べないとできませんでした。

なので課金するなら、キーワード検索数も調べられる「Rank Tracker」のみに課金したほうがよいでしょう。

実際に僕も検索数を調べる際は、キーワードプランナーは使わずにRank TrackerUbersuggest(ウーバーサジェスト)という無料ツールを使っています。

なおRank Trackerが利用できるパソコン環境は、以下を参考にしてください。

  • Mac
  • Windows
  • Linux

Rank TrackerがSEO対策で必須な理由!

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

なぜ検索順位を知る必要があるのか詳しくおしえて!

まず理解しておいてほしいのが、「記事は投稿して終わりではない」ということ。

なぜならブログで稼ぐには、記事を検索上位に表示させてSEOからの流入を増やすことが、大切になるからです。

そして狙ったキーワードで上位を取るには、記事を公開した後にSEO検索順位を知る必要があります。

検索上位を狙う方法はPDCAを回すことです。

ブログではC=検索順位になります

僕たちが公開した記事の評価を、Googleが検索順位という数字で、分りやすく示してくれます。

それをもとに、どの記事をどのように修正するか、改善プランを決めていくのです。

おぴおのアイコン画像おぴお

検索順位が分からないと、どの記事をリライトするべきか迷子になってしまいます。

よって効率よくPDCAを回すためにも、検索順位の把握は必須です。

Rank Tracker料金プラン:おすすめはプロフェッショナル版!

ランクトラッカー料金プラン

Rank Trackerの料金プランは、以下のように3種類あります。

  • 無料ライセンス:
    キーワードの保存や自動更新ができないので、あくまでお試し用です。
  • プロフェッショナル版:
    個人ブロガー向け。だいたいの個人ブロガーさんが利用しているおすすめプランです。
  • エンタープライズ版:
    企業むけ。個人ブロガーにはオーバースペックです。

個人ブロガーにおすすめはプロフェッショナル版です。

無料版でもキーワードの検索順位は調べられますが、保存ができません。

プロフェッショナル版だとキーワードの保存が無制限ででき、毎日スケジュールを予約することで、自動ですべてのキーワードの検索順位を表示してくれます。

朝起きてすぐに検索順位を知ることで、すぐに改善へと取り組めますし効率がよいです。

おぴおのアイコン画像おぴお

時間がない副業ブロガーさんは、プロフェッショナル版を利用して収益化を加速させましょう。

Rank Trackerの導入手順5ステップ!

それでは実際にRank Trackerを導入する人向けに、導入手順を画像付きで分りやすく解説していきます。

おぴおのアイコン画像おぴお

Rank Trackerは海外のサイトですが、サクッと10~15分で終わるので、安心してください。

※画像はクリックでアップにすることもできます。

Rank Trackerの導入手順 5ステップ

  1. 公式サイトから「Rank Tracker」をダウンロード
  2. ソフトを開いて案内通りに設定
  3. 公式サイトから有料版を購入
  4. メールで「登録キー」を確認
  5. Rank Trackerに「登録キー」を入力

※有料版を購入すると、メールで「登録キー」が送信されます。

それでは順番に説明していきます。

STEP
公式サイトから「Rank Tracker」をダウンロードする

まずは公式サイトからRank Trackerをダウンロードします。

>>「Rank Tracker」公式サイトへアクセス

上のリンクから公式サイトにアクセスして、「名前(ローマ字)」「メールアドレス」を入力して、「ダウンロード」をクリックします。

そうすると下記の画面になり、ダウンロードが自動で始まります。

※もしもダウンロードが始まらない場合は、ダウンロードボタンを再度クリックしてください。
STEP
ソフトを開いてインストール

ダウンロードが終了したら、ダウンロードしたファイルを開いてください。

このとき、「ネットからダウンロードしたファイルなので本当に開いていいか」確認される場合がありますが、『開く』をクリックしてOKです。

すると下のように、「言語設定」の画面になるので『Japanese』を選択して『OK』をクリックしましょう。

つづけて『次へ』をクリックしていきます。

「利用規約」を読んだら『同意する』をクリックします。

次に「インストールオプションの選択」という画面が出てくるので、『Rank Tracker』以外のチェックを外して『次へ』をクリックしましょう。

『インストール先フォルダ』を選んで『インストール』をクリックします。

正常にインストールされると「完了」画面が出てくるので、『完了』をクリックしましょう。

すると「Rank Trackerが立ち上がる」ので、案内通りに設定していきます。

まずステップ1の「サイトを選択」では、『自分のサイトのURLを入力』して『次へ』をクリックしてください。

なお僕のサイトだと『https://maa-lion.com』と入力することになります。

次にステップ2は、「Googleアナリティクス」「Googleサーチコンソール」の接続画面になりますが、この設定は後で簡単にできるので、今は『次へ』をクリックして大丈夫です。

ステップ3では、「キーワード入力」画面が出てきますが、こちらも後から登録するので狙っているSEOキーワードを適当に入力して、そのまま『次へ』をクリックしましょう。

ステップ4では、「使用する検索エンジン」を選択していきます。

まず『さらに検索エンジンを追加する』を、クリックしてください。

次に「検索窓」のところに、『japan』と入力してください。

すると上の画像のようになるので、以下の3つのプラスマーク(+)クリックしていきます。

  • Google.co.jp
  • Google.co.jp(Mobile)
  • Yahoo.co.jp

3つを追加できたら、USAを削除しましょう。

『×』をクリックして消したら、最後に『完了』をクリックしてください。

すると下の画像のように「Rank Tracker」トップページが表示され、使うことができようになります。

おぴおのアイコン画像おぴお

無料で使用する人はここで終了です!
おつかれさまでした!

STEP
公式サイトから有料版を購入する

次に有料版を、購入していきます。

まずは「Rank Tracker公式サイト」に、アクセスしましょう。

>>Rank Tracker公式サイトにアクセス

公式サイトへアクセスしたら、画像左下の『注文』をクリックしましょう。

すると下の画像になるので、「PROFESSIONAL版」『今すぐアップグレード』をクリックしてください。

個人ブロガーさんには「PROFESSIONAL版」がオススメです。

次に、「お支払い方法」を選択して支払いを完了しましょう。

お支払い方法

  1. クレジットカード
  2. PayPal
  3. その他のお支払い方法

購入が完了すると下の画像になり、「ライセンスキー」がメールで届きます。

メールが届くのに、時間がかかる場合があります。
僕のときはすぐに届きましたが2~3時間かかる場合もあるようなので、少し待ちましょう。

STEP
メールで「登録キー」を確認する

メールに「ライセンスキー」が届いているか確認します。

メールを開くと下の画像のようになり、以下の2つの情報を使用するので、すぐ見れるようにしておいてください。

  • Registered by:
  • Registration key:
STEP
Rank Trackerに「登録キー」を入力する

Rank Trackerのトップ画面を開き、『ヘルプ』から『情報登録』をクリックします。

すると下の画像になるので、『登録者』『登録キー』に先ほどメールで届いた情報を入力していきます。

  • 『登録者:』にRegistered by:の情報を入力!
  • 『登録キー:』にRegistration key:の情報を入力!

情報は直接打ち込むのではなく、「コピペ」するとスムーズにいきます。

これで「Rank Tracker」の導入は完了です。

おぴおのアイコン画像おぴお

おつかれさまでした!

Rank Trackerの初期設定5ステップ!

それでは初期設定について解説していきます。

初期設定を完了すれば、効率よくサイトを分析できるのでさっそくおこなっていきましょう。

設定する項目は5つになります。

Rank Trackerの初期設定 5ステップ

  1. 表示項目の設定
  2. ランキング確認数の変更
  3. キーワードを設定
  4. ランキング自動更新の設定
  5. アナリティクスとサーチコンソールの同期
おぴおのアイコン画像おぴお

10分くらいで終わるのでサクッとやっていきます!

STEP
表示項目の設定

表示項目とは、設定したキーワードの『Google検索順位』『前日との順位の差異』などの見たい情報のことです。

それでは実際に『表示項目』を追加していきます。

まずは「Rank Trackerトップページ」の画面右上にある『四角いボタン』をクリックしてください。

すると下の画面になるので、『表示させたい項目』をチェックしていきます。

好きな情報を選んでもらっても大丈夫ですが、必要な項目は以下の9つです。

チェックを入れる項目

  • キーワード
  • 注意
  • 開始日
  • Google.co.jp Rank
  • Google.co.jp URLが見つかりました
  • Google.co.jp 差異
  • Google.co.jp (mobile) Rank
  • Google.co.jp (mobile) 差異
  • 検索数

※『注意』という項目は、メモのことで「リライトした日付」などをメモったりするのに使います。

チェックを入れると画面右に追加されるので、『OK』をクリックして完了です。

STEP
ランキング確認数の変更

ランキング確認数を、『50位』から『100位』に変更していきます。

なぜなら、ユーザーがウェブサイトをチェックするときに、100位以上のサイトをチェックすることがめったにないからです。

逆に100位以内に入れば見てもらえる可能性があるので、100位がひとつの目安になります。

それでは変更していきましょう。

まずRank Trackerトップページの『環境設定』から、『ランク確認モード』をクリックします。

すると下の画面になるので、確認する結果の最大数を『50→100』に変更して、画面下にある『OK』をクリックすれば完了です。

STEP
キーワードを設定

「キーワード」は、記事を書くときに設定するキーワードのことです。

たとえば、「ブログの書き方」について書いた記事なら、『ブログ 書き方』と登録しておけば、その検索ワードでの自分の記事の順位がわかります。

「キーワードを追加」する方法は、Rank Trackerトップページの『+ボタン』をクリックします。

すると下の画面になるので、「キーワード」を入力してください。

「キーワード」はワードとワードの間に、スペースを入れることで「つらなったキーワード」も登録できます。

「キーワード」を入力したら、『次へ』『完了』でOKです。

STEP
ランキング自動更新の設定

「ランキング自動更新」とは、検索順位の変動を毎日自動で計算させる、設定のことです。

この設定さえしてしまえば、毎日自動で設定した時間に計測してくれるので、作業がすごく楽になります。

おぴおのアイコン画像おぴお

かんたんなので、サクッとやっていきますよ!

まずRank Trackerのトップページの『環境設定』から、『Scheduled Tasks & Alerts』をクリックするか、下の画面の『アイコン』をクリックしてください。

すると下の画面になるので、『追加する』をクリックします。

つぎに、「検索エンジンのランキングを確認」にチェックを入れて『次へ』をクリックしましょう。

そして赤枠で囲んであるところにチェックをつけて、『次へ』をクリックします。

すると下の画面になるので、『自動更新する時間を入力』して『次へ』をクリックしてください。

なおRank Trackerを起動させておかないと自動更新をおこなわないので、『毎日PCを開いている時間』などに設定しておくといいでしょう。

そして『タスク名』を入力して、『完了』をクリックします。

『毎日更新』とか、自分でわかればなんでもOKなので、好きな名前にしてください。

追加されたら、『OK』をクリックして終了です。

おぴおのアイコン画像おぴお

つぎで最後なので、もう少しがんばってくださいね!

STEP
アナリティクスとサーチコンソールの同期

まずはRank Trackerトップページの『環境設定』から、『Google Analytics』をクリックします。

すると下の画面になるので、『クリックしてアカウント設定の入力を行います』をクリックしてください。

そしたらログイン画面になるので、自分のGoogleアカウントの『メールアドレスまたは電話番号』を入力して『次へ』をクリックします。

するとパスワード入力画面になるので、Googleアカウントの『パスワード』を入力して、『次へ』をクリックしていきましょう。

下の画面になり自分のアカウントが出てきたら、『許可』をクリックしてください。

下の画面になり、自分の『アカウント名』『プロパティ』が確認できたら、画面下の『OK』をクリックして「グーグルアナリティクス」の連携が完了になります。

つづいて同様の手順で、「Googleサーチコンソール」の連携もしていきましょう。

Rank Trackerトップページの『環境設定』から『Google検索コンソール』をクリックしてください。

次に『アカウントに接続』をクリックします。

あとはアナリティクスのときの手順と同様に、『アカウント認証』を済ませて最後に『OK』をクリックすれば、「グーグルサーチコンソール」の連携も完了です。

これで初期設定は完了したので、自分の記事の検索順位のチェックや競合サイトの調査に活用していきましょう。

おぴおのアイコン画像おぴお

これでやっとRank Trackerを使えますね!
おつかれさまでした!

まとめ:Rank Trackerを使ってSEOを攻略しよう!

今回はSEO対策で必須ツールの、『Rank Tracker』について話しました。

Rank Trackerは個人ブロガーのみならず、Amazonやアップルなどの大企業も使用する分析ツールです。

紹介した『Rank Trackerの導入手順5ステップ』と、『Rank Trackerの初期設定5ステップ』通り進めてもらえば簡単に導入できるので、『Rank Tracker』を使って収益化を加速させていきましょう

最後に紹介した内容を、もう一度まとめておきます。

Rank Trackerの導入手順5ステップ

  1. 公式サイトから「Rank Tracker」をダウンロード
  2. ソフトを開いて案内通りに設定
  3. 公式サイトから有料版を購入
  4. メールで「登録キー」を確認
  5. Rank Trackerに「登録キー」を入力

Rank Trackerの初期設定5ステップ

  1. 表示項目の設定
  2. ランキング確認数の変更
  3. キーワードを設定
  4. ランキング自動更新の設定
  5. アナリティクスとサーチコンソールの同期

今日から「Rank Tracker」を使って、自分のサイトをより戦略的に運営していきましょう!

今回は以上です。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【家庭持ち、副業パパブロガー】

●ブログでの収益化へ!最短で収益をあげるポイントを徹底解説

仕事や子育てで時間がない!そんなあなたに収益をあげるポイントや、入れないと損するツールなどガチ紹介しています

コメント

コメントする

目次
閉じる